☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

日本人の死因と動脈硬化

日本人の死因のうち、

動脈硬化との関わりが大きい

2位、、心疾患、3位、、脳血管疾患は、全死亡率の30%を占める。

1位、、、癌(悪性新生物)に匹敵します。



心疾患  と  脳血管疾患は、働き盛りに 突然発症することが多い、

社会的に  かなりの損失であり、

死亡から、免れたとしても後遺症で苦しむケースが多いことから、

重要な問題に成っています。


主な死因別死亡数の割合

1位、、癌、、、、、31.1%
2位、、心疾患、、、15.5%
3位、、脳血管疾患、12.5%
4位、、肺炎、、、、9.3%
5位、、不慮の事故、3.7%
6位、、自殺、、、、2.9%
7位、、老衰、、、、2.3%

その他、、22.5%

日本の肥満状況など

日本の

食生活の欧米化や  交通手段の発達による運動不足などの

生活習慣の変化、



高年齢の増加などで

肥満や、生活習慣病の有病者、予備軍が増加しています。


また、肥満者のうち、糖尿病、高血圧症、高脂血症を重ね持っていない

人は、わずか20%だけで、

殆どの肥満者は、これらの生活習慣病を、重ね持っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。