☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

動脈硬化の最大の敵は

動脈硬化の
最大の敵は、高コレステロール血症です。

高コレステロール血症の対策だけでは、
心血管症の発症予防が充分でないと言われている。

一個人に、肥満、糖代謝異常、糖質代謝異常、高血圧といった
複数のリスクファクターが、集積した状態、

マルチブルリスクファクター症候群、
   、という病態が、注目されてきました。


リスクファクターの集積により動脈硬化性疾患発症の
リスクが、高くなると国内外の免疫学界でいわれている。


マルチブルリスクファクター症候群

マルチブルリスクファクター症候群には

主に

  肥満  糖代謝異常  脂質代謝異常 高血圧の

4つの要素から構成され

内臓脂肪症候群( Visceral fat syndrome )

1、内臓脂肪蓄積 2、耐糖能異常 3、高脂血症、 4、高血圧


シンドロームx ( syndrome x)

1、      2、耐糖能異常、インスリン抵抗性 高インスリン血症
3、高VLDL-TG血症 低HDL -C血漿 4、高血圧症

死の四重奏 (deadly quartet)

1、上半身麻痺 2,耐糖能異常 3、高TG血症 4、高血圧


インスリン抵抗性症候群 ( syndrome of insilin resistance )

1、肥満 2、2型糖尿病 高インスリン血症 3、脂質代謝異常
4、高血圧、  

動脈硬化性疾患




 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。