☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

診断基準

マルチブルリスクファクター症候群

の重要性は、コレステロール重視傾向の強い欧米でも認識されており

WHO,MCEPなどが、”メタボリックシンドローム”という疾患名で

各要素のカットオフ値を定めた診断基準を発表しています。


*WHO:world health organignization(世界保健機構)
*NCEP:nastional cholesterol education program
      (米国コレステロール教育プログラム)


このような背景を基に、

日本でも、2005年4月下記の8学会から構成される

”メタボリックシンドローム診断基準”が、発表された。

この定義と診断基準は

基本原理は、世界的な考え方と協調しながら、

基本値については、日本人のエビデンスに基づいて設定され、

予防医学上、多くの人が用いる事ができる。


日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本肥満学会
日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓学会、日本内内科学会


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。