☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

内臓脂肪蓄積の基準

内臓脂肪蓄積は、
メタボリックシンドロームにおいて 主な役割であり
診断基準では、必須項目となっている。

メタボリックシンドロームの指数としての内臓脂肪蓄積の基準

内臓脂肪量が増加すると過栄養からなる、健康障害数が、増加することが

国内外の、臨床研究によって実証されている。



日本において、CTスキャン等による臍高での   
内臓脂肪面積が、100uを超えると男女とも複数の病気を合併する

頻度が高いことが、明らかになっている。


日本肥満学会による”新しい肥満の判定と肥満症の判断基準”においても

内臓脂肪面積100u以上を”内臓脂肪型肥満”と診断している。


内臓脂肪蓄積の基準は、同様に内臓脂肪面積100uに相当する

ウエスト周囲平均は、男性、、、85cm 女性、、、90cm と設定された。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。