☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

脂質代謝異常の基準

メタボリックシンドロームに伴う

脂質代謝異常は、高トリグリセリド血症、低HDLコレステロール血症を

主な病態とし、インスリン抵抗性の増大や種々のリポ蛋白異常が関与します。


メタボリックシンドロームの指標としての脂質代謝異常基準

メタボリックシンドローム脂質代謝異常の基準は、日本動脈硬化学会による

”動脈硬化性疾患の予防と治療の必要な対象を集団から

スクーリングするための血清脂肪値に従い

高トリグリセリド血症を150mg/dl
低HDLコレステロール血症を男女共40mg/dl

未満とします。 脂質代謝異常
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。