☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

血圧の基準

メタボリックシンドロームに伴う

高血圧症には、
内臓脂肪蓄積による アンジオテンシノーゲンの分泌増加
インスリン抵抗性の増大など関わりがある。



メタボリックシンドロームの指標としての血圧の基準

日本高血圧学会の”高血圧治療ガイドライン”においては、

140/90mmHg以上を高血圧  

疫学調査では、正常高値血圧である130/85mmHg以上でも高血圧である。

140/90mmHg以上と同様のリスクとなっているため、

メタボリックシンドロームの血圧の基準は、130/85mmHg以上を

用いるのが妥当としています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。