☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

糖代謝異常の基準

メタボリックシンドロームに伴う

糖代謝異常では、耐糖能異常とインスリン抵抗性がみられる。


インスリン抵抗性、メタドリックシンドロームの多くの症例にみられる。

リスクファクターと相関性で危険因子である。

メタボリックシンドロームの指標としての糖代謝異常の基準


日本糖尿病学会は、早朝空腹時の血糖値110mm/dl未満

かつ  75gOGTT 2時間値  140mg/dl未満を、”正常値”とします。


健康診断などで、メタドリックシンドロームの診断を可能にするため
      
空腹時の血糖値のみに成っています
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。