☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

適切な栄養素の配分から

三大栄養素のエネルギー

蛋白質:4kcal/g、 脂質:9kcal/g、糖質:4kcal/g

炭水化物のうち、消化吸収されるものを「糖質」、
        消化吸収されないものを「繊維」という



  b.栄養素配分の留意点  

  ・ビタミンやミネラルが欠乏すると、体の機能に異常をきたして
   全身倦怠や疲労をしやすくなるなどの不調が現れるため、
   摂取エネルギーを抑えつつも、ビタミン、ミネラルについては、
   1日の必要量を摂取する。

  ・食品の選択に際しては、
   日本糖尿病学会編「糖尿病食事療法のための食品交換表」を
   利用すると、
   適切な摂取エネルギー量の範囲内で栄養バランスのとれた
   食品構成を容易に扱うことができる。
 
  その他

  アルコール
  ・体内で、脂肪に変わりやすい糖質であり、エネルギー量も多い

  ・節度ある適度な飲酒

   主な酒類           度数    アルコール量
  ビール中瓶1本 500ml       5%      20g
日本酒 180ml     15%      22g
ウイスキーブランデーダブル60ml 43%         焼酎1合180ml 25%      36g
ワイン120ml    12%      12g


食塩
  ・食塩の過剰摂取は、血圧上昇に作用し、
   食欲を亢進させるため1日10g未満に抑える。

  食物繊維
  ・食物繊維には、食後血糖上昇を抑制し、
   血清コレステロールの増加を防ぎ、便通改善する作用がある。

  ・野菜は、1日350g
(緑黄色野菜120g その他の野菜230g)
   以上を目標に摂取する。
 

内臓脂肪の減少を目標として

メタボリックシンドロームの治療目的は、

心血管症の発生を低減させることです。

メタボリックシンドロームは、飽食や運動不足といった生活習を背景に

発生するので、


治療では、栄養摂取過多の防止や運動不足の解消といった

生活習慣の改善を基本としてメタボリックシンドロームを構成する

個々のリスクファクター(糖代謝異常、脂質代謝異常、高血圧)の管理を

することです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。