☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

ヘルシー食材 アガベシロップ マイライフ手帳

マイライフ手帳@ニュースから お伝えいたします。

トーマイ日本支社、女性向けヘルシー食材

「RYUCA 100%オーガニックアガベシロップ」 を発売


トーマイ日本支社は、ライフスタイルの変化や、

高齢化にともなう個人の健康管理に対する
自己意識の上昇に注目して、

メキシコ原産

「RYUCA 100%オーガニックアガベシロップ」

の輸入販売を開始した。


アガベシロップは、

メキシコ原住民が昔から「食」として利用していたもの。

その時代から、
シロップは「健康食」として愛用されていたが、
アガベシロップの原液は1〜2時間で発酵してしまうため、
健康付加価値に優れたシロップを国外へ持ち出すのは不可能とされていたという。

それが、
現代のテクノロジーによって可能となり、
日本の食卓にも届けられるようになったとしている。



今回発売する
「RYUCA アガベシロップ」は、

メキシコ原産のアガベ(日本名:リュウゼツラン)という植物

のフラクタン(イヌリン:水溶性植物繊維)を抽出し、

加熱殺菌・濃縮した100%ナチュラルシロップ。


成分のほとんどが果糖のため、

一般的な他の天然甘味料に比べて溶解性に富み、

冷たい飲み物でも沈殿すること無く溶けるという。




甘さは砂糖の1.5倍ほどあり、

「甘いけれど、後味にキレがあり、あっさりしている」という、

ほかにはない独特の風味をもっている。


その特徴から、使う量を減らすことができるため、

摂取カロリーを抑えられるのだとか。


それ以上に

“RYUCA アガベシロップ”が「ヘルシー」な最大の理由は、

グラニュー糖、メープルシロップ、蜂蜜といった他の甘味料と比較してGI値が極めて低く、
血糖値の上昇を抑えられる点にあると同社では説明する。



血糖値の上昇は、

女性が気になる体重増加・肌管理に直接の影響を与えるとのこと。

最近では、
女性のメタボリックシンドロームも懸念されるなか、
物質的なものでは解決できない問題、

「いつまでもきれいにいたいという女性の思い」を大切にし、

「食は体の化粧品」をコンセプトとして、

「RYUCA アガベシロップ」


を何よりも健康維持のために推奨していく考え。



“RYUCA”のパッケージは、
メキシコらしい色使いと、「食材」を一つのインテリアと捉える日本女性の好みを反映させて作られたものだという。

[小売価格]1300円〜2800円(税込)

マイライフ手帳@ニュースから抜粋して お伝えいたしました。

メタボ予防 足腰の負担が軽く産経新聞

産経新聞からお伝えいたします。


「ノルディックウォーキング」2本のポールで良質な全身運動


フィンランド生まれの新しいスポーツ
「ノルディックウォーキング」をご存じだろうか。

2本のポールを使って歩くことで、

通常のウォーキングに比べ運動強度が高く、

消費エネルギーが2割もアップするのが特徴。


足腰への負担が軽く中高年も安心して楽しめるとあって、

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防などの観点から、

医療関係者らの注目を集めている。(中曽根聖子)



ノルディックウォーキングは、

フィンランドのクロスカントリースキーの選手らが

夏場のトレーニングとして、ポールをもってハイキングやランニングをしていたのが始まり。

1990年代後半にその運動効果が発表されると、

年齢を問わず手軽にできるエクササイズとして急速に人気が高まった。

今では欧州を中心に約600万人の愛好家がいるという。



国内では

まだなじみが少なく、今年1月に日本ノルディックフィットネス協会

(仙台市)が設立され、普及に乗り出したばかり。


国際ノルディックウォーキング協会(フィンランド)認定

のナショナルコーチの資格をもつ高橋直博事務局長は

「ストックのような専用ポールを地面について上体を前に

押し出しながら歩くので、歩幅が大きくなり、

通常のウォーキングに比べエネルギー消費が約20%上昇します。

足腰にかかる負担も15〜25%程度軽減できる」とその効用を説明する。



また、

ポールが杖となるので高齢者にも安全。

下半身だけでなく、年齢とともにたるみが気になる二の腕や胸、

背中の筋肉もバランスよく鍛えられるという。

                   

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。