☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

日立製作所メタボ改善を支援するSaaS

メタボリックシンドローム

また数カ月間 冬の季節 メタボリックシンドローム
お正月 年末と 普段心配されている方以上

メタボリックシンドローム予備軍が増加中です。
メタボリックシンドローム対策が気がかりです。

メタボ関連ITmedia記事から抜粋しお伝え。

2009年12月 SaaSでメタボ改善 日立が新サービス

日立製作所は、メタボリックシンドロームの改善を支援する
SaaSの提供を開始する。

日立製作所は12月16日、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の改善を支援するSaaS
(サービスとしてのソフトウェア)を12月17日に提供すると発表した。


サービスの名称は「はらすまダイエット/保健指導」
90日間で体重を5%減らす。

プログラムをネットワーク経由で提供する。
利用者は、食事制限や運動などのメニューを決め、

実施状況と体重を記録していく。
専門の指導者からのアドバイスを10日ごとに受けることも可能。

価格は個別見積もり。

2013年度までに100団体に同サービスを販売する。

日立では約1400人が同サービスを活用。
参加者の約50%が目標体重の達成に成功し、

平均では4.7キロの体重減少、
サービスの利用継続率は約93%だった。


日立

特定保健指導支援サービス「はらすまダイエット/保健指導」




メタボへの関心 男女ともにアップ

メタボリックシンドローム

4か月前にUP 忘れていましたが
冬の季節はメタボリックシンドロームを普段心配されている方も

エネルギーが逆に増えてしまい
メタボリックシンドローム対策が気がかりです。

09 08-04
エコミックニュース から抜粋してお伝えします。


▼メタボへの関心 男女ともにアップ
 
 厚生労働省が2006年5月に、40歳から74歳男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム(以下メタボ)かその予備群に当てはまるという調査結果(平成18年国民健康・栄養調査、該当人数は約1960万人)を発表して以来、関心が高まっているメタボ。小林製薬がインターネットを通じ、2005年、2006年、2007年にメタボリックシンドロームについて調査した結果(20代から50代の男女各125人、計1000人)、メタボへの関心は男女とも年々増加しており、特に女性は05年には69%だった関心が07年には73%まで上昇していた。

 また、メタボ関連情報やモノへの期待も女性が高かった。特に家庭で簡単に測定できるメタボ測定器への期待は男性37%に対し、女性は52%。身長・体重別のメタボ診断基準も男性の42%に対して、52%あった。

 メタボ改善システムを活用したいと回答したのも男性69%、女性78%と男女とも積極的に活用しようとする意思が高かったが、女性の方が9ポイント高い。

 メタボ診断基準に当てはまる・予備軍は05年に比べ、男性は28%から24%に減少したが、逆に女性は8%から9%に増えた。また「メタボに該当すると思う」は女性14%から20%に増加、男性も28%から34%に増加していた。

エコミックニュース から抜粋してお伝えしました。

今年 メタボ検診されましたか・・?

冬時期は特に カロリーの消耗は少なく、寒くて家にこもりがち
さらにインフルエンザの心配なども手伝い ネットや自宅で過ごす方が増えがちです。
 
又 外出派は忘年会などで アルコールや塩分の高い食べ物が多く
忍びよるメタボリックシンドロームへの対策は 大切です。

命へ関わることなので充分に対応されてください。
日々続ければ、自宅で出来る運動と食べ物でも大きな変化がでます。 

メタボリックシンドローム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。