☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

男女とも2人に1人がメタボリック

メタボリックシンドローム


エコミックニュース
   から抜粋してお伝えします。

▼男女とも2人に1人がメタボリックへ将来に不安
 
* 自分の健康を意識している

男性は89・5%
女性は92・8%

そのうち、
* 自分が非健康的とだと思っていた。

男性は 42・4%
女性は 31・4%


メタボリック症候群について 99・2%の人が認知し、

* メタボリック症候群への将来の不安について

男性 52・5%
女性 49・8%

とほぼ2人に1人が不安を抱えていることがわかった。


調査はマクロミルが全国のモニター会員に

4月4日から5日の2日間、インターネットリサーチで実施。
有効回答数は1032人だった。


* 自身の健康に対する意識は

男性の 89・5%が意識していると回答
50代男性では 92・2%が意識していた。

女性は 92・8%、特に50代女性は
96・1%と高かった。


* メタボリック症候群に自身が該当すると思うか
では、
50代男性の 48・8%があてはまると回答。
50代女性の 87・5%はあてはまらないと回答
あてはまるは17・8%だった。


* 予防のためにダイエットを行っているか、
今後ダイエットをしようと考えているか
では、
男性の 53・3%、
女性の 57・2%が行っている、
あるいは今後、予定ありと回答。

自分がメタボ であると思っている人の
25・2%は ダイエットを行っており、
今後、予定ありを入れると80・6%になった。


メタボとは 思わない人
では
19・5%がダイエットを行っており、
今後、予定ありを入れると47・1%となった。


ダイエットの方法は、
男性
ウォーキング、筋力トレーニング、ジョギング、自転車・
エアロバイク、水泳が上位を占め、

女性
ウォーキング、ストレッチ、WiiFit、
食事によるダイエット、半身浴が上位を占めた。

エコミックニュース から抜粋してお伝えしました。

かなり有名な あの薬局のご紹介

ドラッグほうれん草はTVや雑誌など、多数のメディアに出演しています。ネットの運営はコチラプレゼント免疫堂



薬剤師のいる薬局が安心です。かなり有名なため、大変混み合う状態です。

無料健康相談、商品のお問い合わせも上の 免疫堂をクリック
されてください。

安心はなかなか検索だけでは探せません、

ここサイトページのお気に入り用リンクを
作成いたしました。どうぞご自由にお使いになってください。

位置情報






メタボリックシンドローム

レモン メタボ予防に有効

メタボリックシンドローム

エコノミックニュース
から抜粋してお伝えします。

レモン メタボ予防に有効
 
県立広島大学保健福祉学部・堂本時夫教授を研究リーダーとする
ポッカコーポレーションなどの共同研究チームが

レモンの摂取量が多いほど血圧を低下させ、動脈硬化度が低く、
肥満に関連したホルモン・レプチンの血中濃度も低いことを
突き止めた。


これらはメタボリックシンドローム予防に有効で、
レモンの摂取を取り入れた食生活がメタボリックシンドロームを予防する可能性が示唆されたとして、

8月29日から東京体育館で開かれる
日本健康科学学会第25回学術大会で発表する。


研究は、
国産レモンの約60%を生産する広島県内の主要産地の
中高年女性118人(平均年齢60歳)を対象に
日常のレモン摂取量と健康状態との関係を調査。

レモンの収穫期前の2008年9月に血圧、血液成分、動脈硬化度、
骨密度などの測定を行い、

その後5ヶ月間、毎日レモン摂取量を記録してもらった。

2009年3月に、
再度同様の測定を行い、レモン摂取量と各測定項目の変化量との
関係を解析した。

1日のレモン摂取量を

Highグループ
(1日30ml=約1個分以上)
Middleグループ
(1日15ml〜30ml=0・5個以上〜1個未満)
Lowグループ
(1日15ml=0・5個未満)

に分け比較した。

その結果、
血圧(上腕最高血圧)の変化では
1日あたりの平均レモン摂取量が多いほど 血圧が低く変化。

脈派伝播速度(PWV)
1日あたりの平均レモン摂取量が多いほど PWVが低く変化。

体脂肪と相関するホルモン(レプチン)
血中濃度の 変化も低く変化した。

こうした事から レモンの摂取量が多いほど 血圧を低下させ、

動脈硬化度が 低く
さらに
肥満に関連したホルモン・レプチンの血中濃度も
低いことを突き止めた、としている。

(情報提供:エコノミックニュース 編集:南たみえ)


エコノミックニュース
から抜粋してお伝えしました。

メタボリックシンドローム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。