☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

メタボリックシンドローム:仕組み

メタボリックシンドローム

毎日JP

  から抜粋してお伝えします。


メタボリックシンドローム
:仕組みを解明 免疫細胞が炎症誘発

東大、マウス実験で
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の原因となる
内臓脂肪の炎症が起きる仕組みを、

永井良三・東京大大学院医学系研究科教授らが、
マウス実験で突き止めた。

免疫細胞の一つ、
Tリンパ球が炎症の引き金になっていた。

メタボリックシンドロームの治療薬開発につながる成果という。
26日付の米専門誌「ネイチャーメディスン」(電子版)
に掲載される。

内臓脂肪が蓄積し、脂肪細胞が大きくなると、
白血球の仲間のマクロファージなど免疫細胞が集まって


慢性的な炎症が起きる。炎症によりインスリンの効きが
悪くなることなどがマウス実験で分かっており、
動脈硬化や糖尿病などにつながる。


しかし、炎症の起きる仕組みはなぞだった。
永井教授らは、高脂肪食を与えた肥満マウスと
通常の食事を与えたマウスを比較。

その結果、
肥満マウスは病原菌を撃退する「CD8陽性Tリンパ球」が、
マクロファージより先に増えていた。


そこで、このリンパ球を減らしたり、存在しないマウスを
作製して調べると、高脂肪食を与えても

内臓脂肪組織に炎症が起きないことが判明した。

さらに、一度炎症が起きたマウスから、このリンパ球を取り除くと
内臓脂肪の炎症が抑えられ、インスリンの効きが改善されること
なども分かった。


毎日JP
  から抜粋してお伝えしました。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームサイト紹介

メタボリックシンドローム


メタボリックシンドロームの関連サイト紹介

メタボリックシンドローム - メタボリック
最近は過食、運動不足によって 内臓脂肪が蓄積 し、高血圧症、高脂血症(コレステロールやトリグリセリドの高値)、糖尿病(インスリン抵抗性)など 複数の生活習慣病を合併 する人が増えています。
ja.wikipedia.org/wiki/

メタボリックシンドローム
健康医学情報「メタボリックシンドローム」
家庭の医学 > 健康医療情報「メタボリックシンドローム」 平成18年5月8日、国民の間でメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が広がっている実態が、厚生労働省の調査で判明したことが報告されました。
book.jiji.com/igaku/info/meta.html


「無呼吸症候群」メタボリック・シンドローム読売新聞社のニュースサイト「無呼吸症候群」メタボリック・シンドロームにご用心 男性患者の半数が合併・・・
www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/


メタボリックシンドローム - メタボリック
最近は過食、運動不足によって 内臓脂肪が蓄積 し、高血圧症、高脂血症(コレステロールやトリグリセリドの高値)、糖尿病(インスリン抵抗性)など 複数の生活習慣病を合併 する人が増えています。
www.uralynet.com/ms/index.htm


メタボリックシンドローム/栃木県
メタボリックシンドローム メタボリックシンドロームについて メタボリックシンドロームってなぁに? 腹部肥満に加え、高血糖、高脂血、高血圧を複数併せ持った状態のことです。
www.pref.tochigi.jp/welfare/kenkoudukuri/


FujiSankei Business i. 特集 メタボリックシンドローム
【STOP!メタボリックシンドローム】大日本住友製薬(上)
宮武健次郎社長に聞く 合併シナジー効果ほぼ満点 新薬継続上市を重視
www.business-i.jp/news/for-page/metabo/

メタボリックシンドロームって何? 知っておきたい
循環器病情報サービス入口へ よくわかる循環器病のもくじへ
www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamph/pamph_58/

メタボリックシンドローム関連製品:ナチュラル
メタボリックシンドローム対策に効果的な大正製薬のLivita製品について。糖尿病や高血圧、高コレステロールの方にオススメの特定保健用食品や病者用食品があります。
www.taisho.co.jp/livita/lineup/metabolic/

ここまで解明されたメタボリックシンドローム
ここまで解明されたメタボリックシンドローム ?
肥満解消の重要性を説明できますか? ?
www.city.kyoto.jp/hokenfukushi/siritubyoin/event/

メタボリックシンドロームが気になる方に - 健長寿 ...
今回の「アンチエイジング ワールド 特集」では、メタボリックシンドロームの救世主であるアディポネクチンを発見されたことでも有名な前田和久先生に「健長寿のためのヘルシーフードピラミッド」について紹介していただきます。
www.aah.jp/special/0708.php

メタボリックシンドローム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。