☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

メタボは 睡眠不足からも?

メタボリックシンドローム

メタボ族必見 ファンデリー
NB onlineから抜粋してお伝えします。


睡眠不足で生活習慣病やメタボにも

健康医療・バイオ 不眠 高血圧秋の夜長につい夜更かししがちですが、
睡眠不足は生活習慣病やメタボリックシンドロームの危険因子でもあることが最近の研究で明らかになっています。

高血圧の専門誌「Hypertension」によると、
8時間勤務したグループと、

残業して3〜4時間しか眠らなかった
グループについて、翌日(通常勤務)の血圧の推移を比較した結果

残業した群のほうが血圧は終日高かったといいます。


別の研究でも、徹夜した群は眠った郡に比べて、
翌日の拡張期血圧(最大血圧)が
平均10mmHg高かったという結果が出ています。

睡眠時間と糖尿病に関する研究では、
睡眠時間が5時間以下の群は、7〜8時間の群に比べて糖尿病の
発症リスクが2.5倍も高くなることがわかりました
(米国医師会発行の内科専門誌より)。


また米国の総合科学誌「PLoS Medicine」には、
睡眠時間を6時間から9時間まで1時間刻みで区切り、
それぞれの肥満度を測定したところ、

約7時間を底にU字型となって、
6時間睡眠群や9時間睡眠群の肥満度が高くなっていたという
研究結果を掲載しています。この研究では、

睡眠時間が短くなるほど空腹ホルモンの分泌が
高くなることなども明らかにしています。
 

日本人の平均睡眠時間は約7.5時間で、
この40年以上の間に1時間減少したといいます。
 
日本人は諸外国と比べて睡眠時間が短いともいわれています。
10年前に行われた日本人の調査では、
約2割の人が「何らかの不眠がある」と答えています。

睡眠の問題が日本経済に及ぼす
損失は年間3兆5000億円にも達するという調査もあります。

ともすると「寝ないでがんばった」ことを誇りにする
日本人の気質

しかしそれは
からだばかりか国全体を蝕むことになるかもしれません。
NB onlineから 関連記事を抜粋してお伝えいたしました。

メタボリックシンドローム

”ためしてガッテン”10月29日(水)夜8時

メタボリックシンドローム

NHKテレビ、”ためしてガッテン”
10月29日(水)夜8時を推進いたしております。


次回は10月29日(水)に続き夜8時から興味深い放送があります。 

どうぞご覧になってメタボリックシンドロームでお悩み
メタボリックシンドローム 脱出への 糸口を見つけてください。

内容は

”脳をだますことで、筋肉を強くするホルモンを効率的に分泌させるという驚きの方法。
  しかも、このホルモンには脂肪を分解する力があり、ダイエット効果も期待できるという。”
  
こんな素晴らしい内容です。
どうぞ録画されて メタボリックシンドロームを乗り越えてください。

こころから健康への ご健闘応援いたします。



メタボリックシンドローム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。