☆   メタボリックシンドローム ( metabolic-syndrome : MS) と 健康について   ☆

ラジオ体操の真の狙いは別にあり3

10月22日NHKTV ”ためしてガッテン”から抜粋してお伝えします。


なんで年とともに「霜降り化」が進むの?
筋芽細胞が脂肪細胞に変化する割合が、年とともに増えて行くことが原因です。

どれくらい体操をすれば「霜降り化」を防げるの?
現在、さまざまな研究が進められていますが、詳しくはわかっていません。しかし、たとえわずかな運動であっても、伸び縮みさせたぶんだけ、霜降り化を防ぐ効果が見込めると考えられています。

そのため番組では、どんな形でもよいので体操を始めて頂き、
無理のない範囲で続けて頂くことが重要であると考えています。

実習コーナー
多胡肇さんの「短縮版・ラジオ体操」
テレビ・ラジオ体操指導員の多胡肇さんが

ラジオ体操のエッセンスだけ短時間でやりたい、という方にオススメは、
以下の3種目です。

伸び:
頭上に手に取りたい物があることをイメージ

手を伸ばすように目一杯体を伸ばします。
この時、カカトは浮かさず、逆に地面を押さえる感覚で行うのがコツです。

体の横曲げ:
腕を頭上に伸ばし、
脇腹を伸ばすように  体を大きく横に倒します。

体のねじり:
体をまっすぐに保ったまま、 胴体を左右にねじります。
こうした運動を日常生活の中に上手に取り入れることで、
無理なく続けることができます。



近藤良平さん日本を代表する振り付け師の方から、
「家事などをしながらできる体操」についてです

★うがい体操
うがいの際に、 
体ごと 左右にシェイク。

★洗濯物体操
洗濯物を 取り込む際 
体を 大きく回す。

★風呂上がり体操
体を 拭く時に 
体を ねじりながら 全身を一周させる。

★いただきます体操
いただきますの際 
体を 横に曲げたり、背筋を伸ばしたり。



簡単な日常でうまく体を筋芽細胞が脂肪細胞に変化する割合「霜降り化」予防に繋がるなら
やらないよりやった方がいいです。

NHKテレビ、”ためしてガッテン”から抜粋してお伝えしました。。


健康チャレンジャーの方々へ
10月29日(水)夜8時 ”ためしてガッテン ”を推進いたします。
メタボリックシンドローム        

      

ラジオ体操の真の狙いは別にあり2

10月22日NHKTV ”ためしてガッテン”から抜粋してお伝えします。

年をとるほど姿勢変換能力が衰えていくと 言われてましたが

さて??A「姿勢変換能力」とは なんでしょうか?
”NHK・TV ためしてガッテン ”では、

A「姿勢変換能力」とは
寝た状態から素早く立ち上がったり、体を反転させて
イスに素早く座ったり、などの姿勢をすばやく変える能力を指します。

これまでのさまざまな研究によって、
次のようなことが確かめられています。
年をとるほど姿勢変換能力が衰えていく。

ラジオ体操を日課にする人たちは、
一般の人に比べて、姿勢変換能力が非常に高い。

「筋肉のばして 若さをのばせ!」
年をとるにつれ避けられないのが、筋肉の衰え。その大きな原因は、
筋肉細胞のもととなる「筋芽細胞(きんがさいぼう)」が、
筋肉細胞ではなく脂肪細胞に変化し、筋肉が B「霜降り化」してしまう。

B「霜降り化」防ぎについて
ネズミの筋肉細胞を使った最新の研究によると、筋肉細胞を単純に伸び縮みさせるだけで、
筋芽細胞が 脂肪細胞に変化することを防げることがわかったのです。


      
NHKテレビ、”ためしてガッテン”から抜粋してお伝えしました。。


健康チャレンジャーの方々へ
10月29日(水)夜8時 ”ためしてガッテン ”を推進いたします。
メタボリックシンドローム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。